パートタイマーの仕事を掛け持ちする大変さ

日本の社会、働き方にいろいろな方法が取られています。

パートタイマーの仕事を掛け持ちする大変さ
SITE NAVI

パートタイマーとしての考え方は

日本の社会、働き方にいろいろな方法が取られています。正社員、派遣社員、契約社員、パート、アルバイト等、それぞれに違う働き方があります。正社員になりたくても成れないと言う、残酷な社会にも見えますが、企業も成り立たなければならず、止む得ぬ処置なのかも知れません。そんな中で、昔から言われているパートとアルバイトの区別が、つかないと言う人も多くいるのではないでしょうか。まして、知らないで働いても、問題が起きていないことも多く、気にする人も少ないのかも知れません。

パートと言われる人たちは、基本的に契約期間があります。そして、正社員が働く時間より、短い時間で働く人を言うことになります。家庭の主婦が、主に言われているように感じます。これに対してアルバイトは、やはり契約期間は存在します。ここでは、本業を持っている人が働くことを指していることです。つまり、学生のような存在であるとか、タレントや芸人でも仕事が少なく本業で生活出来ない人が、働くことを指しています。

基本的な考えとして、一週間の働く時間が、一般の社員より短いことと法律で決まっている訳です。そのようなことから、例えば、正社員が週40時間の労働を行なうと決まっている場合において、パートの人は40時間以内と言うことになります。企業の側も賃金や待遇面を考え、上手に区別しているものと言えるでしょう。